ブログ

『大島ケアハートガーデン』に行ってきました

  • 2018.08.02
  • 施設レポート

三菱電機ライフサービス株式会社が運営する江東区内の介護付有料老人ホーム『大島ケアハートガーデン』に行ってきました!


大島ケアハートガーデンの魅力

1フロア12名のユニットケアにより、「施設」としてではなく、お一人おひとりの生活を尊重し、毎日を充実した生活をお過ごしいただける「住まい」として目指しているところです。

ユニットケアとは、他の入居者や介護スタッフと共同生活をしながら、入居者一人ひとりの個性や生活リズムを尊重して暮らしていけるようにサポートする介護手法のことを指します。

 

ユニットケアを実現するには?


手厚い職員配置

ユニットケアを実現するには、介護に関わる職員の配置が大切です。大島ケアハートガーデンは、介護に関わる職員の体制が要介護者1,5人:職員1人以上と手厚い体制で介護サービスを提供されております。
※東京都内は、要介護者3,0人:職員1人以上のホームが多いです。

 

安心の看護


看護師は24時間365日常駐
しているため、昼夜を問わず、お体のご様子や変化を注意深く見守ることができます。

夜間帯に看護師がいるメリットは、夜間の痰吸引、点滴、経管栄養、胃ろうの方や終末期のお看取り介護を希望される方に対しても安心かつ柔軟な対応が出来ることが挙げられます。

ただし、看護師が24時間配置になると平均介護度がやや高くなる印象を受けます。こちらのホームでは、平均介護度が3,2 平均年齢88,5歳とやや高めの印象です。医療依存度によるフロア分けはされておりません。 協力医療機関である江東病院は徒歩5分以内の場所にあるので、状況に応じて医療ケアなどの対応は迅速に対応できるのではないでしょうか。

 

充実したイベント

 

イベントで面白いと思ったのは、江東区内の体育館を借りて運動会をされていることです。フロアの廊下に運動会の写真が掲示されておりましたが、職員の皆さんやご入居者が一緒になって応援されていたり、笑顔で競技に参加されていたりと、とても楽しそうな雰囲気が伝わってきました。

それ以外のイベントとしては、ディズニーランド、亀戸天神、ドイツ村、日の出桟橋への水上バスなど多くのイベントをされているとのお話を伺いました。

 

「オール電化」のこだわり

 

三菱電機ライフサービスが運営することもあり、建物内は「オール電化」となっています。ユニット毎に小キッチンがあり、ここではご飯を炊いたり、鍋物などを取り分けております。見学時は昼食が始まる時間だったということもあり、フロア内にはご飯の美味しそうな香りが広がり、とても食欲をそそられました。オール電化なのでガス漏れなどの心配がないという安全面が考えられますね。

 

 

「居室・トイレ」は木の温もりで落ち着く

 

2階から6階は60室の一般居室があり、居室面積は20㎡です。程良い広さと木の温もりでとても落ち着きます。大通り沿いに面していないので車の騒音等は気にならず、静かな環境です。

 

 

都心からのアクセスも良好

 

新宿都営線「大島駅」A1出口より徒歩2分です。面会者には駅から近いと助かります都心からのアクセスも良好です。


近隣には散歩や買物に適したスポットが多い

 

こちらのホームは人員体制が手厚く、職員が付き添いで近所への散歩に頻繁に行けることが魅力です。近所には中央銀座商店街やピーコックストアなど散歩や買い物に適したスポットがたくさんあります。 健康な方はビールを買ってきて飲まれる方もいらっしゃるようです

ご面会される方には、近隣にドトールや珈琲館などの喫茶店が多くあり、外でゆっくりお話することも可能です。

これだけの人員配置と立地条件を都心の老人ホームで探すことを考えたら価格面は割高になります。大島ケアハートガーデンは、都心の老人ホームと比べると費用面では決して高い価格帯ではなく、アクセスも良いため、都心にお住まいの方の入居が増えているそうです。

詳細につきましては、こちら

 

介護のとびらでは、介護・福祉の国家資格を持った相談員が入居相談に関して分かりやすく親切丁寧にご説明させて頂きます。日本全国にお住まいの方を対象に無料相談に応じております。施設の資料請求・見学同行・無料送迎等のご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ご利用頂いたお客様の声はこちら

介護のとびら
電話:0120ー468ー222
(営業時間9:00〜18:00)

メールでのお問い合わせはこちら


※掲載内容の特徴や金額等については変更になる場合があります。最新の情報は、介護のとびらまでお問い合わせください。