ブログ

『そんぽの家S王子神谷』に行ってきました

  • 2019.06.05
  • 施設レポート

SOMPOケア株式会社が運営する『そんぽの家S王子神谷』はサービス付き高齢者向け住宅ですが、なんとこちらの高齢者向け住宅には東京藝術大学の現役の若い学生さんが住んでるんです!!

 「高齢者向け住宅って高齢者の人しか住めないんじゃないの?」って普通は思いますよね!?

でも今の時代は様々な企業がいろんなチャレンジをしていて、『そんぽの家S王子神谷』は東京藝術大学とのコラボ企画としてアート×福祉」をテーマに「多様な人々が共生できる社会」を支える人材を育成するプロジェクト(通称:DOORプロジェクト)を展開しています。

簡単な言葉で言い換えると、福祉施設に講師として学生を迎い入れ、学生が高齢者の方と触れ合いながらクリエイティブな視点や振る舞いを身に付けようという取り組みらしいです。1年間の中で大学と高齢者向け住宅を行き来しながら、座学や介護施設でワークショップ(参加・体験型のセミナー)を行い、受講が修了すると履修証明書を取得することができるという素晴らしい取り組みです!!

建物内を案内してもらうと、食堂の片隅には藝術大学の学生さん用に作業スペースが確保されていて様々な美術用品が置かれていました。学生さんは学校の授業がない時に、この作業スペースで作品作りをされています。

なぜかテントまで設置されていました(笑)

廊下には、学生が描いたご入居者の似顔絵や絵画、ご入居者が書いた習字が飾ってあり、まさに建物全体が作品展のような感じでした。
しかも建物内はラシック音楽が流れていて歩いているだけで居心地が良かったです。

このようなプロジェクトの影響なのか、ご入居者の中には学生さんの熱意に劣らず、建物内で一生懸命に習字を書かれている光景を目にしました。

このようなプロジェクト以外にも、ご近所の子ども達が主催する子どもカフェや夜にBARを開いてお酒を提供するなど、変わった取り組みが行われていました。

このように『そんぽの家S王子神谷』は、サービス付き高齢者向け住宅でありながら、大学生やご近所の子ども達を積極的に招き入れて、ご高齢のご入居者と一緒に生活を送られています。夕方になると近所の小学生が食堂に来て宿題をやるそうです(笑)また大学生は、こちらの住宅でご高齢の方と一緒に食事をしたりお話をすることが日常的に行われています。ご入居者の表情を見ていると、とても穏やかな表情をされており、また心の底から笑っているのが印象的でした。職員と運営会社、大学と地域住民の連携が取れたとても魅力的な高齢者向け住宅であると感じました。

『そんぽの家S王子神谷』の概要
住所:
〒123‒0865 
東京都足立区新田1丁目3-19
建物種別:サービス付き高齢者向け住宅
入居費用:敷金0円 月額費用155,000円 ~165,000円(税抜)
※その他、食事代・介護サービス費・日用品費・医療費等がかかります。

介護のとびらでは、介護・福祉の国家資格を持った相談員が入居相談に関して分かりやすく親切丁寧にご説明させて頂きます。日本全国にお住まいの方を対象に無料相談に応じております。施設の資料請求・見学同行・無料送迎等のご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ご利用頂いたお客様の声はこちら

介護のとびら
電話:0120ー468ー222
(営業時間9:00〜18:00)

メールでのお問い合わせはこちら

※掲載記事は令和元年6月の内容です。今後、プロジェクト内容や金額等については変更・終了になる場合があります。最新の情報は、介護のとびらまでお問い合わせください。